×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

熊本で新茶の初入札

熊本で新茶の初入札

平成最後の新茶 初入札会

4月19日 10時から熊本県の新茶の初入札会が行われた。

今年は昨年より1週間遅い開催。お客様からも「まだですか」とかよく電話がかかってくる。

毎年違っているのだが、お客様は毎年同じくらいの時期と思っていらっしゃるので、微妙にずれてしまいます。農作物ですから多少はご勘弁ください。

今年は花冷えの影響が大きく、芽伸びに多少の影響はありそうな気配です。

熊本の新茶が出来て、鹿児島の新茶と比較できるのですが、出始めの味わいは熊本県産のほうが濃い感じです。

鹿児島県では年に3回から4回の茶摘みが行われるのですが、熊本県では2回が基本。茶摘みの回数が少ない分、茶の樹の栄養が確保されているものと思われます。

これから、熊本県内の名人茶師が作るお茶が出来てきますが、遅霜と阿蘇山の噴火が心配です。

熊本県の新茶の最盛期は5月に入ってから、令和最初の新茶が最盛期になるでしょう!

いよいよ2019年の新茶がスタートしました。今年も最高の新茶になるように一生懸命頑張って参ります。

2019-04-20 14:58:46

チャガールにもたれながら!(おっちゃんのブログ)   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント