×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  健康・美容・ダイエット»  健康茶»  Kalon カロン 古代ギリシア語で本当の美しさという意味。ノンカフェインでダイエット素材だけで作った痩せるための健康茶

Kalon カロン 古代ギリシア語で本当の美しさという意味。ノンカフェインでダイエット素材だけで作った痩せるための健康茶

ルイボス・杜仲葉・ギムネマ・サラシア・ローズペタル・ハス・センナ茎・タンポポ配合健康茶

ルイボスティーってこんなお茶

南アフリカ共和国現地で愛される「不老長寿の飲み物」
 
 
ルイボスティーの気になる効果・効能
ルイボスティーの主な成分
・フラボノイド(ルテリオン)
・フラボノイド(ケルセチン)
・フラボノイド(ルチン)
・ジヒドロカルコンC
・配糖体(アスパラシン)
・各種ミネラル(マグネシウム、カルシウム、カリウム、亜鉛、鉄など)
ルイボスティーには、強い抗酸化作用のあるルテリオンやケルセチンそしてアスパラシン、抗酸化作用・抗炎症作用・血流改善効果のあるとされるルチンが含まれています。
ルイボスティーはミネラルも豊富。特に、現代人に不足しがちなマグネシウムや亜鉛が含まれているのがうれしいですね。
カフェインが含まれないこと、タンニンが少ないことも大きな特徴です。
 

健康効果

ルイボスティーの栄養成分から得られる健康効果をご紹介いたします。
効果1 酸化を防いで若返る!
 
ルイボスティー一番の有効成分は、ポリフェノールの一種であるフラボノイド。
活性酸素を取り除き、体細胞を老化から守ってくれます。
 
効果2 むくみと便秘を解消、ダイエット効果も?
 
ルイボスティーがダイエットに効くという話を聞いたことはありませんか?
残念ながら飲むだけでみるみる痩せるというような効果はありませんが、代謝を高める働きがあるため、カロリー消費量のUPが期待できそうです。
ルイボスティーには整腸作用があり、便秘解消効果もあるとされています。便秘が治るだけで身体が軽くなり、減量にむかって良い循環が生まれそうですね。
利尿作用によりむくみも改善されるため、見た目をスッキリさせる効果もありますよ。
 
効果3 血管のトラブルを防ぎ、血圧を下げる!
 
注目したいのが、毛細血管の働きを強化するというルチンという成分。
血液の流れを促進したり、血圧降下作用があったりと血管周りで大活躍する成分です。
ソバに含まれていることが有名ですが、ルイボスティーにも含まれているんです。
毛細血管という、普段意識しづらい部分だからこそ、お茶を飲むだけで知らぬ間にケアできてしまうのはうれしいですね。
 
効果4 代謝UP&血流促進のWで冷え性を改善
 
ルイボスティーは、女性の大敵である冷え性にも効果があるとされています。
血流促進効果があるため、冷えが快方に向かうことが多いのです。 フラボノイドが脂質や糖質の代謝を高めてくれるため、基礎体温の上昇も期待できますよ。
身体を温めたいときは、かならずホットで飲むようにしてくださいね。
 
効果5 リラックス効果でしっかり安眠
 
就寝前に体温を上昇させておくと、深く質の良い眠りに入りやすいと言われています。
ぽかぽかと身体を温めてくれるルイボスティーは、お休み前の安眠ティーにぴったり。
いただく時間は、ベッドに入る1時間前くらいが目安です。利尿作用があるので量はほどほどに。
ノンカフェインで身体を興奮させないので、ゆったりと楽しむことができますよ。
効果6 アレルギー緩和・アトピーにも
 
ルイボスティーは、アレルギー緩和に高い効果があるとされています。
花粉症からぜんそく、アトピー性皮膚炎まであらゆるアレルギーに効くとされますが、中でもアトピーには効果が高いそうです。
アトピーで辛いのは一日中続く強いかゆみ。ルイボスティーにはアレルギー症状を発生させるヒスタミンを減らす力があり、かゆみを抑えてくれる効果が高いそうですよ。
なんとか楽になりたい、薬を減らしていきたいと思っている方には強い味方になりそうです。
 
効果7 二日酔いの改善
 
飲み会などでアルコールを摂取し過ぎて二日酔いになってしまったとき、ルイボスティーを飲むと改善してくれると言われています。
ミネラル分が多く含まれているので、肝機能に働きかけて二日酔いを上手く中和してくれるそうです。
アルコールの分解には体中の水分を使う必要があるので、水分補給という点でもルイボスティーは良いと言われています。
 

杜仲葉の健康効果

 

杜仲茶の原料「杜仲」の効果・効能とは
 

コレステロールの吸収を抑える=ダイエット効果筋肉の緊張を解き、血管を広げる=高血圧予防停滞している血の流れを正常にする
【杜仲茶に含まれている成分】
「鉄分」「亜鉛」「カリウム」「カルシウム」「マグネシウム」「各種ミネラル成分」「ビタミン類」
人間の健康維持のために欠かせないものがバランスよく含まれています。
また、近年の研究では、抗酸化成分「リグナン化合物」としてピノジェノール・ダイグルコサイド、肝臓に作用する「イリノイド化合物」としてゲニポシド酸、さらには「アルカロイド」「ディリグナン」「ペクチン」など、健康に良いといわれる貴重な成分が多数含まれています。
これらの身体に良い成分を、手軽に毎日取り続けられる杜仲茶は、文字通り「健康茶」なのです。

 

糖の吸収を抑えるギムネマダイエット

ギムネマは、主に糖の吸収を抑える働きがあるため、特に甘いものや炭水化物が好きな人にぴったりのダイエットアイテムなんです! 


ギムネマとは?

 

インド原産のハーブ

ギムネマはインド中南部原産のハーブです。ギムネマの正式名称は「ギムネマ・シルベスタ(Gymnema Sylvestre)」と言いますが、インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」によると2000年以上前から利用されています。インドでは「グルマール」と言う名前で呼ばれ、「糖を壊すもの」という意味をもつハーブです。


血糖値の急上昇を抑える

ダイエットのポイントのひとつは、糖質を如何に抑えるか言うことです。ギムネマの持つ最大の効能は、糖質の吸収を抑え、これにより血糖値の上昇を抑えることです。血糖値の急激な上昇を抑える働きがあるギムネマは、食事と一緒に摂取することで小腸からの糖分の吸収が抑制され、肥満や糖尿病の予防に効果的と言われています。

葉を噛むと甘みを感じなくなる!?

また、ギムネマには舌の味覚細胞にある“甘み”を感じる部分の働きを抑制する効果もあります。葉を噛むと、1~2分で甘味を感じなくなる特性があるので、食欲を減らすのに効果的とされています。回復には1時間以上かかるので甘い食品への食欲が減り、ダイエットの味方になってくれるのです。

ダイエット効果が期待できるギムネマ酸

ギムネマには糖質の吸収を抑制する効果が期待されていますが、その鍵を握っているのはギムネマに含まれる“ギムネマ酸”です。糖質はダイエットの天敵とされていますが、体には無くてはならないものでもあります。そして、ダイエットで必要なのは健康面やストレスへの配慮。これらを上手くコントロールしてくれるギムネマ酸は、ダイエットに効果が期待されています。

体のエネルギー源「糖質」

“糖質”は、ダイエットとは切っても切れない関係にあるものです。しかし、ダイエットをするとき、糖質を食べたときに“甘く感じるもの”と勘違いしている方も少なくありません。お米や小麦などの穀物やいも類の“でんぷん”も糖質になりますので、甘くない食品も多くあります。ダイエットのときは糖質についても詳しく知っておかなければなりません。

また、糖質は体の主要なエネルギー源でです。 たんぱく質や脂質と並んで“3大栄養素”のひとつに数えられるものなので体に必要なものです。しかし、血液中の糖質が多くなりすぎると、肥満の原因にもなるリスクも共存しています。


ギムネマ酸はダイエットのサポートに最適

ギムネマに含まれる“ギムネマ酸”は、小腸内で糖質の吸収を阻害し、血糖値の上昇を抑えるのでダイエット効果が期待されています。したがって、過度な食事制限をせずに体重を減らすことができると言われ、体や心に安心のダイエットに適しています。

糖質の吸収を抑えて血糖値の上昇を抑制し、肥満や糖尿病を予防、さらには健康への配慮と食事制限へのストレス軽減が望めるギムネマ酸は、効率の良いダイエットに効果的なのです!

 

ローズペタル(ローズレッド・ローズピンク)の効能・活用方法

ローズペタルはバラの花びら。「花の女王」と言われるにふさわしい、甘く上品な香りがします。
アロマテラピー等でもローズを使った精油(エッセンシャルオイル)は重宝されています。ハーブティーとして飲むときもこの香りを存分に楽しむことができます。
肌を若々しく保つ効果があるため、「若返りの薬」としても古来より珍重されました。クレオパトラは美肌を保つためにローズペタルを入浴剤としても活用してたそうです。
赤いローズレッド、ピンクのローズピンクといった種類があります。疲れているときや気分が落ち込んでいるときに最適。高ぶった神経を優しく鎮めて、明るく前向きな気持ちにさせます。

「女性には万能のハーブ」と呼ばれるローズペタルは、女性の生殖器の充血を軽減し、生理痛や生理不順、不妊にも有効です。
また肝臓や胃腸の疲れ、熱を伴う風邪、便秘、下痢、むくみなど、さまざまな効果があります。

 効果・効能

鎮静、強壮、強肝、緩下、殺菌、収れん、神経強壮など
 用途
ハーブティーとしての飲用をお勧めします。香りのよいバラはリラクゼーション効果が高いだけでなく、様々な機能性も持っています。紅茶やお茶とブレンドしても大変美味しいです。
他にも抽出液やチンキ剤を化粧水として使ってもいいです。ローズペタルをお茶パックなどに入れてバスタブに入れれば優雅な入浴剤としても活用できます。その他、フェイシャルスチーム、うがい薬としても使えます。
 香りと味
甘く、上品な香りで、さっぱりとくせのない味。
 注意点など
色が変色しやすいので購入後は早めに使い切りましょう。特にローズピンクは直射日光や湿気に注意してください。遮光性の袋や瓶に入れておくと色合いや風味が長持ちします。
 

 
 

サラシアの効果効能

サラシアは糖質の吸収を必要最小限に抑えます!

ごはん・パン・パスタなどの炭水化物や甘いものなどの糖質は、 腸管にある酵素α-グルコシダーゼによって分解されて吸収されます。 サラシアはこの腸管にある酵素の働きを阻害するので 体内への糖分の吸収を最小限に抑え余分な糖が体脂肪として蓄積されるのを防ぎます。
 

すでにある脂肪を分解!

サラシアには、腸で脂肪代謝酵素を阻害し、 脂肪の吸収を抑える働きがあります。
さらに、体内の脂肪組織(白色・褐色脂肪細胞)に蓄積された脂肪の分解を促す働きがあることが確認できています。
 

便秘解消で、お肌ツルツル

サラシアの有効成分により、分解されず腸に残ったオリゴ糖などの二糖類以上の糖は、腸内の善玉菌の栄養源になります。善玉菌が増えることで腸内環境が整い、便秘の解消に役立ちます。便秘解消は美肌の近道!お肌もツルツルに!
 

シミやシワ解消!女性にうれしいサラシア

サラシアにはシミやシワなどの発生を促す活性酸素をすみやかに消去する強力な抗酸化成分、ポリフェノール類やマンジフェリンなどが含まれています。サラシアをとり続けることで、気になるお肌のトラブルも解消されます

 
 

ハスの葉(蓮葉茶) の効能 

蓮の葉の栄養・成分・期待できる効果

 

肥満予防・スタイルキープに

血行促進・デトックスに
蓮の葉に含まれているフラボノイドのネルンボサイドは血行促進作用が期待されています。加えて体液バランスや循環を整える働きがあるミネラル類・腸内の善玉菌の増殖を助けることで腸内フローラのバランス改善や整腸作用があるオリゴ糖(ラフィノース)の補給にも繋がることから、蓮葉茶は便秘やむくみの予防・軽減に役立つと考えられています。
フラボノイドは血行を促すほか抗酸化作用や血中コレステロール低減などの働きが期待できるため、デトックスにも有効と考えられています。また血行が良くなることで新陳代謝の向上にも繋がりますから、血行不良によるむくみや冷え性の軽減などに取り入れられることもあるようです。

脂肪蓄積抑制に
古代から痩身茶としてスリムな体を維持したい女性に愛されてきた蓮葉茶ですが、現代でもハスの葉抽出物を使った実験では糖や脂肪の吸収抑制作用が見られたという報告がなされています。空腹時に飲むことで肥満予防効果が期待できますし、蓮葉茶を飲み続けると自然と脂っこい食事にあまり魅力を感じなくなるという説もあります。
脂肪吸収抑制効果が期待できる成分として蓮の葉エキスや抽出物はダイエットサポート系のサプリメントなどに取り入れられていますし、お茶としてもコカ・コーラ社の“LOVE BODY”シリーズ商品にかつて使われていたことがあります。身近なところでは杜仲茶やプーアル茶とブレンドして飲まれる方も多いようです。

ダイエットサポートに
蓮の葉は糖や脂肪の吸収を抑えるだけではなく、脂肪分解を促したり脂肪代謝を促進する効果も期待されています。これらの作用については曖昧な点もありますが、血行促進やデトックスに役立つことからも新陳代謝促進に役立つと考えられます。
飲むだけで脂肪低減に繋がるとは考えないほうが無難ですが、便秘やむくみの予防・代謝低下を防ぐ・ビタミンやミネラルが補給できるなどの働きが期待できますから、取り入れて悪いものではないでしょう。脂肪吸収抑制については食前の方が良いとされていますし、麦茶感覚で飲むよりは濃い目に煮出して少量ずつ飲むと良いとも言われていますので、食事前や運動前などに飲んでみても良いかと思います。

精神面に期待される作用

ストレス軽減に
ダイエットサポートのほか、蓮の葉茶に期待される作用として紹介されることが多いのがリラックス効果やストレス軽減など精神面に関わるもの。これは蓮に含まれるヌシフエリンやロエメリンなどアルカロイド類が複合して鎮静作用をもたらし、不安・興奮・イライラなどを鎮静すると考えられています。また血圧を鎮静させる働きも期待されていますので、イライラや緊張など心因性の動悸や頭痛軽減に良いとする説もあるようです。

不眠緩和に
蓮茶はアルカロイド類による鎮静作用から、ストレスや不安などによる不眠の軽減にも役立つと考えられています。蓮をよく利用するベトナムの民間療法では不眠の解消のお茶とも言われているそうですし、ハノイ薬科大学の実験でも蓮茶を飲むと不眠症状の改善がみられたという報告もなされています。薬ではなく食品ですから目覚ましい効果こそ期待できませんが、リラックスタイムの演出も兼ねて取り入れてみると良いでしょう。薬のように起きがけのだるさ等の心配もありません。
香りの印象だけで言うと一般的なロータスティー(蓮花茶)の方が親しみやすく、リラックス効果も高そうに感じますが、蓮花茶は概ね緑茶をベースにしているためカフェインが含まれています。カフェインには覚醒作用がありますから、カフェインを含んでいない蓮葉茶の方がおやすみ前の飲用には適していると言えるでしょう。

そのほか期待される作用

生活習慣病予防に
蓮の葉にはフラボノイド(ネルンサボサイド)やビタミンCなどの抗酸化物質が含まれていること、脂肪蓄積予防や分解促進作用などによってメタボリックシンドローム予防効果も期待できることから生活習慣病予防にも役立つと考えられています。特に過酸化脂質によって発症リスクが高まる動脈硬化や高血圧予防に有効と言われていますが、糖質の吸収を抑制することから糖尿病予防にも役立つのではないかという見解もあるようです。

アンチエイジング・美肌作りに
抗酸化物質を含むことから蓮葉茶はシミ・シワ・たるみなど肌の老化予防にも取り入れられています。加えてデトックス効果やネルンサボサイドによる血行促進作用なども期待できますから、肌の新陳代謝(ターンオーバー)の促進やくすみ・肌荒れ対策としても役立ってくれるでしょう。アルカロイド類の鎮静作用や睡眠サポートからストレス性の肌荒れ軽減にも効果が期待できます。

夏バテ対策に
蓮の葉(荷葉)は漢方で清熱作用があると考えられており、暑さによる熱中症や夏バテ、発熱・喉の渇き・のぼせ・イライラなどの改善に役立つ生薬とされています。ちなみに漢方の考え方で荷葉の性質は“平性”とされていますから、余剰に発生したもしくは籠もった熱を冷ます働きはあるものの体を冷やす心配はないようです。冷えているのに火照りを感じる“戻り冷え性”の方なども取り入れてみると良いかもしれません。
 

 

センナ茎とは

 センナは、アフリカ原産のマメ科の植物です。アレキサンドリアセンナとチンネベリセンナの2種類があります。
 センナは、食品に使用可能なのは、茎の部分で、日本でも古くから、下剤として用いられてきました。
センナ茎に含まれるセンノシドという成分が、腸内通過時間を早めたり、蠕動運動を高めて腸内細菌を増やしたり、緩下作用で排便を促したりして、便秘の改善に働くと考えられています。
また、便秘にともなう頭痛やのぼせ、肌荒れ、痔の改善などのためにも用いられてきました。
 センナの小葉は、漢方薬(生薬)では「番瀉葉 」として緩下剤に用いられています。
 センナの果実、小葉、葉柄、葉軸は、厚生労働省が示す分類では、「専ら医薬品として使 用される成分本質(原材料)」とされています。

効能・効果

便秘改善 ・痔改善 ・過敏性の腸疾患改善

 

タンポポの効果効能とは

 1. 体液貯留を改善

タンポポの持つ利尿作用と抗炎症作用が、体に貯留した体液を排出する手助けをします。
タンポポに含まれる天然の活性物質は、腎臓の機能を改善し、尿の生成を通し、過剰な体液を排出します。

2. 肝臓の機能を改善

タンポポの根は肝臓の保護作用があることで知られています。肝臓の機能を改善するだけでなく、炎症を予防し、胆汁の流れを正常に保ちます。

タンポポの抗酸化物質は組織に蓄積された毒素の排出にも役立ちます。また、脂肪肝などのトラブルを予防します

3. 腸の状態を改善

タンポポには優しい便通剤のような働きがあり、腸の動きを改善し、大腸に蓄積された老廃物の排出を促します。

また、食物繊維や抗酸化物質が非常に多く含まれています。これらは消化器官を助け、消化を促進します。

さらに、ガスや消化不良にも有効です。健康的な細菌の活動に影響を与えることなく、pHを中和します。

4. 貧血に良い

タンポポには、鉄分、マグネシウム、カルシウムが多く含まれ、貧血や倦怠感からの回復を促す効果があります。

体に吸収されると、赤血球と白血球の形成をサポートし、免疫系を強化します。 

5. 目の健康を守る

タンポポの必須栄養素は目の健康を守る助けとなります。

タンポポに含まれるルテインとゼアキセンチンは白内障、黄斑変性症、その他加齢に関連する目の疾患のリスクを最小限に抑えます。

6. 肌トラブルに良い

タンポポ茶にして飲む、また、外用薬として使うことで皮膚トラブルを軽減します。

タンポポに含まれる抗酸化物質は血液を洗浄し、ニキビやアトピーの原因となりうる毒素を取り除きます。

また、タンポポには傷やアレルギーなど肌トラブルの治癒に役立つ抗炎症作用、治癒作用があります。

タンポポ茶を123、肌の状態が良くなるまで飲みましょう。

外用薬として使う場合、湿布や軟膏のように直接塗布しましょう。

7. 炎症の緩和

タンポポには必須脂肪酸、βカロチン、必須ミネラルが含まれています。体に吸収されると、これらは炎症過程のバランスを立て直す助けになります。

また、激しい頭痛を軽減する効果もあります。さらに、関節炎や変形性関節症など慢性的な症状の治療効果を促進する働きも期待できます

夜間の痙攣や関節痛がある場合、タンポポ茶を利用しましょう。予防、または、症状緩和のために、1日2〜3杯飲みます。

加えて、抽出液を準備して温湿布を作り、痛みのある部分に塗ることもできます。そのまま10分間おいて終了です。毎日行いましょう。

・タラキサシン

ハーブ系苦味成分であり食欲増進、胃液や胆汁の分泌を促し消化機能を強化します、また肝臓強壮効果があります。

・トリテルペン

糖と結合するとサポニンとなります、消炎、解熱、鎮静、排膿などの効能があります。

・イヌリン

イヌリンは、腸に達するまで消化されずに腸内細菌によって分解され、腸内の有益細菌の繁殖に機能します。

効果としては、乳酸菌と同様ですが、乳酸菌は腸に達するまでにほとんどが消化されるのに対して、イヌリンは腸に確実に達して効果を発揮します。

 ・ペクチン

複合多糖類であり、消化酵素では分解されないので食物繊維として機能し、コレステロール低下やアレルギー緩和作用があります。

 ・コリン

神経伝達物質として重要な成分で、循環器系や脳には重要な物質です。

また細胞膜の構成と補修に不可欠な成分であり、健康と若さの維持には欠かせない極めて重要な成分の一つです。

 ・フェノール酸

フラボノイドと並ぶポリフェノールの一つです。

フラボノイドは色素ですが、それ以外をフェノール酸と呼んでいます。

フェノール酸の種類はリグナン、ジケトン、エラグ、クロロゲン酸、クマリンがあり、効能としては抗菌、エストロゲン様ホルモン作用、抗血液凝固などで、「血栓防止薬」として利用されています。

 ・アスパラギン酸

アミノ酸の一種で疲労回復や抵抗力強化などの効能があります。

栄養ドリンクにも含まれている成分としても知られています。

NEW

  • Kalon カロン 古代ギリシア語で本当の美しさという意味。ノンカフェインでダイエット素材だけで作った痩せるための健康茶

  • 販売価格

    880円(税抜) 950円(税込)

  • 販売開始日

    2019/06/13

  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品