×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  豆知識»  お茶ができるまで

お茶ができるまで

お茶ができるまで
 
1 篩機(ふるい機)
1 篩機(ふるい機)
1 篩機(ふるい機)   荒茶(生産農家から出荷される原料茶)をきれいに選別する第1過程。
お茶の大きさを揃え、茶葉に混入されている異物を除去します。
この過程で、芽茶や粉茶といった粒子の細かなお茶などが選別されます。
また、形の大きいお茶を適正な大きさに揃える作業をします。
 
矢印
 
2 風選機
2 風選機
2 風選機   篩機から出てきたお茶を風選機で軽いお茶と重たいお茶に選別します。
お茶の木の皮の部分や、細かな粉等を選別します。
 
矢印
 
3 電気色彩選別機
3 電気色彩選別機
3 電気色彩選別機   仕上がったお茶の葉の品質を一定にするため、配合機に茶葉を投入して
品質の均一化をはかります。
お茶の味を決定付けるブレンドもこの段階で行われ、
最終的なお茶に仕上げていきます。
茶舗の神髄は、【火入れと配合にあり】と言われるように、
この段階で当社のお茶が完成していきます。
 
矢印
 
4 火入れ機
4 火入れ機
4 火入れ機 4 火入れ機 荒茶をきれいに選別して、最終工程の火入れ機に茶葉を投入します。
この工程では、お茶の水分量を2%まで落とし、お茶に「火香」という香りをつけ、まろやかで飲みやすくしていきます。
お茶自体の殺菌作用に加え、100度前後の高温熱処理殺菌もされ、商品の安全性を高めています。
 
矢印
 
5 静電気選別機
5 静電気選別機
5 静電気選別機 5 静電気選別機 火入れ機から出てきたお茶はここで最後の選別作業を
します。
お茶の葉の水分量の違いを利用して、静電気でお茶の
葉と茎を分離します。
また、軽い葉もここで分離・選別できます。
 
矢印
 
6 配合機(合組み機)
6 配合機(合組み機)
6 配合機(合組み機)   仕上がったお茶の葉の品質を一定にするため、配合機に茶葉を投入して
品質の均一化をはかります。
お茶の味を決定付けるブレンドもこの段階で行われ、最終的なお茶に仕上げて
いきます。
茶舗の神髄は、【火入れと配合にあり】と言われるように、この段階で当社の
お茶が完成していきます。
6 配合機(合組み機)   送風移動システム
お茶を送風機を用いて、各機械間の移動を行います。
人間の手を極力ふれないことで、衛生的かつ効率的に茶を仕上げていきます。
 
矢印
 
7 冷凍倉庫(零下30度)
7 冷凍倉庫(零下30度)
7 冷凍倉庫(零下30度)   この倉庫では、最高級のお茶を劣化させないために、真空パックにて梱包した
お茶を零下30度という温度の中で保管しています。
この温度で保存する理由は、お茶の劣化スピードを極力押さえることが
出来る事にあります。
堀野園では、一年中この冷凍庫から蔵出しした新鮮なお茶を皆様にお届けすることが出来ます。
 
矢印
 
8 袋詰
8 袋詰
8 袋詰 8 袋詰 自動袋詰機を使って安心・信頼の作業体制冷凍倉庫より取り出したお茶は、自動袋詰機に投入され、商品化されていきます。
極力人間の手にお茶を触れさせない事と、紫外線殺菌システムにより、商品への雑菌の混入を防止しています。
 
上記の行程は、基本的な流れで、火入れを一番最初に行う場合も有れば最後の方に行う場合もあります。
お茶を見て、どのような仕上げ方が一番効果的かを考え、行程順序を決定しています。